低コストで入手したいなら3dプリンターを比較しておこう

オフィス
操作する人

新しく会社を始めるなら

コピー機をリースするメリットとして、初期費用が無い点を挙げることができます。あまりお金がかからないので、会社を立ち上げるときに便利なサービスです。新しい物を導入するときに処分費用が必要ないところも、リースの魅力となっています。

インキ

使用済みカートリッジ回収

トナーカートリッジの回収は、限りある資源を大切にし、地球環境への考慮からも企業としても積極的に取り組むべき課題です。シャープはユーザーの負担軽減のために、簡潔な回収手順とシステムを構築し、定評を受けています。

インク

性能が良く便利

東芝の複合機やトナーは、性能の良さからオフィスで多用されています。特にトナーは、細かな文字でもきれいに印刷できることから、高い需要があります。中には、印刷後の文字などが熱で透明になるというトナーもあります。用紙を再利用できるので、資源の節約や経費削減の観点からも、注目されています。

プリント速度を比べよう

3Dプリンタ

印刷が早い方が良い

どの3dプリンターを購入するか比較する時には、高品質で印刷速度が速いもの選ぶのが理想的です。精度を高めればそれだけ積層回数が増えるため、どうしても印刷速度が落ちてしまいますが、動作スピードと樹脂の積層スピードが高いものを選べば大幅に印刷速度を改善できます。特に事務所でリース、レンタルを兼ねて3dプリンターを導入する場合には印刷速度が早くないと利益回収の機会が実質減ってしまいます。回転率を高めるためにもスピードは大切です。納品すべき製品の印刷もスピードが大切なので、積層能力を比較するのは大切です。3dプリンターで部屋の間取りや3Dパース制作をするような場合は、複雑な形はなくてもスピーディーに印刷できないと徹夜でプリンターを動かさなければいけなくなります。当然3dプリンターの排熱能力によっても動作時間が長くなると端末への負担が増してメンテナンスが多く必要になります。購入する時にこのメンテナンス回数やコストの比較も大切です。印刷速度が早くても、極端にメンテナンスが多く必要になってしまう場合には運用コストが負担になるので、事前に実際に運用した場合の負担も比較しておくと利益に繋げやすくなります。3dプリンターは、その印刷の性質上、無理に印刷スピードを求めないほうが高品質な製品ができますが、複雑なデザインで、複数同じものが必要な場合にはプリント速度も意識して3dプリンターを選び、運用しやすい端末を活用しましょう。